プセロス『年代記』5巻

1 私が直近の巻で何度か触れていた彼の甥が彼の帝位を継いだ。事実、ミカエルの死が近いとヨハネスと彼の兄弟たちが知り、彼の回復の見込みはもうないと本当に理解すると、彼らは皇帝の命令だと装って彼の甥を宮殿に来させるよう命じた。彼らがこのようなことをしたのは統治権を掌握できなくなるのを恐れ、帝国が他の家系の手に移らないようにするためだった。彼らは先の皇帝の死の先手を打つことすらして――私がすでに示したように――君主が死ぬために宮殿を出ると別の君主が彼の座についた。
2 先帝には三人の兄弟がいた。当時はそのうちオルファノトロフォス・ヨハネスが専ら政権の重責を担っていた。彼は他の兄弟よりもこの弟を気に入っており、ミカエルが死んでもすぐに彼のもとを離れることはなく、あたかも彼がまだ生きているかのように三日間遺体のそばにいた。一方で他の二人の存命中の兄弟は副帝である甥に宮殿まで付き添った。これは一面では彼を守って世話するためで、また一面では自分たちへのより大きな賞賛を勝ち得るためだった。ヨハネスの知力は彼らのものよりも広く深く、継承でも国家に関する事柄の面でも、彼の助けなしに規模の大きな政策を練り上げるのは彼らの能力を超えていた。このようなわけで彼らの活動は協力とうわべ上の親しさを示す程度のものとなった。ヨハネスはというと、悲しみでいっぱいだったためか、あるいはむしろミカエルの皇帝宣言がさらに遅れれば彼らの全ての希望が完全に台無しになるのではないかという見通しを立てて段々と不安になり、宮殿へと戻った。
3 私は彼の帰還を自ら目撃し、実際に何が起こったのかをこの目で見てきたので、今その話を書くことにしたい。その場面をしっかりと述べることにしよう。ヨハネスが宮殿の玄関口の敷居をまたいだことを兄弟たちが知ると、あたかも神ご自身に会うかのように彼に近づいた。かねてより儀式は準備されており、彼らは彼の周りに集まって彼に口づけを山ほど浴びせかけ、すぐに彼の体の様々なありとあらゆる箇所が口づけを受けた。あたかも彼に触れれば何か徳が手に入るかのように、彼の甥さえもたれかかろうと彼に右手を伸ばした。ごますりのおねだりに満足するとヨハネスはこれ以上騒がず彼の大計画の最初の一歩を踏み出した。皇后抜きに何もしてはならぬ、そして彼らの高貴な地位と将来の基礎を彼女に置け、彼女を味方にできそうだと見受けられることは何であれ行えと彼は彼らに説いた。
4 こうして彼らはすぐさま闘争のために一致団結した。理屈の弩砲で彼らは彼女の精神を包囲し、易々と攻め落とした。彼らは彼女にミカエルの養子縁組を思い出させ、母にして女主人の保護下にこの若者を置き、彼を彼女の足下に跪かせた。彼らは彼女にその時に適当なありとあらゆるごますりのお題目を山のように積み上げることで、自分たちの甥は名目上は皇帝でしかないと、そして称号はさておき彼女が血統の権利によって相続した権力を保有できるだろうと彼女に確信させた。もし彼女がそれを望めば、自ら国家を統治することもできるが、そうでなければ彼に命令して彼女の言いつけ通りにする奴隷のような皇帝として彼を使うことができる。彼らは厳粛な宣誓をし、聖遺物にかけて忠誠を誓った。そうして彼らは最初の一撃で彼女を自分たちの虜とした。自分が孤立無援であることに打ちひしがれて彼らの魔術にかかり、あるいはむしろ私はこう言いたいが、彼らの術策に引っかかって彼らの計略に絡め取られて、彼らの望みに転向させられてしまった彼女に実際のところ他に何ができたというのであろうか?

ミカエルの皇帝即位
5 そうして彼女は彼らに政権を委ね、彼女の決定を待ちに待ってハラハラしていたその当時の帝都に対して平和を守るよう訴えることで鎮めた。次いで副帝の即位の儀式が完了した。行列、教会への入場、総主教の祝福、戴冠とこういった折に慣例的に行われる他の全ての儀礼がこれに続いた。いずれにせよ、初日には皇帝は言葉の上であれ行動においてであれ自分の本来の立場を忘れていなかった。「女帝」、「我が女主君」、「私は彼女のしもべ」、そして「彼女の決定は何であれ行う」といった言葉を絶えず口にしていた。




戻る