プセロス『年代記』3巻

1 コンスタンティノスの後に皇帝として跡を継いだのは彼の義理の息子で、アルギュロプロスとあだ名されたロマノスであった〔ロマノスの曾祖父ロマノス・アルギュロプロスはロマノス・レカペノスの娘と結婚していた。コンスタンティノスの祖父コンスタンティノス七世ポルヒュロゲニトスも同皇帝の娘と結婚していた。したがってゾエとロマノスは遠縁に当たる(N)。〕。後者は彼の君臨が新たな王朝の始まりを示すものと確信していた。マケドニア人バシレイオスから発する帝室は彼の先帝をもって死に絶え、彼は今や自らから発する新たな王朝を望んだ。実際のところ、その家系はすぐに滅ぶ運命にあり、彼は苦難に満ちた短い余生の後に突然の死を迎えることになった。その話については後により詳細に、一切合切を明かすつもりである。この時期からこの歴史書はこれまでの時期以上に正確になろうが、それというのもバシレイオス帝の死は私が少年の頃の、コンスタンティノスの治世の終わりは私が初等教育を始めたすぐ後のことだったからだ。そういうわけで私は彼らにお目通りしたことがなく、彼らから話を聞いたこともなかった。私はその頃の記憶を覚えるにはあまりにも若かったため、彼らを見たかどうかすら言えない。他方、私はある機会にロマノスと会って実際に話をしたこともある。したがって当然ながら最初の二人の皇帝についての私の所見は他の人から提供された知見に基づくものであるが、ロマノスについての私の説明は完全にそれとは独立したものである。
2 ギリシアの文芸で養成されたこの紳士はイタリア人の自由学芸にいくらか精通していた。彼は上品な言い回しと堂々とした言葉遣いをしていた。英雄らしい出で立ちのこの男は王のような外見をしていた。自分の知識の範囲についての彼の考えは非常に誇張されたものであったが、過去の偉大なインド人、名高い哲学者マルクス〔・アウレリウス・アントニヌス〕とアウグストゥスを統治の模範にしようと望んでいたために彼はとりわけ二つのこと、文芸の研究と戦争の学問に注意を向けていた。後者に関して彼は全くの無知であり、文芸に関する彼の知識は深淵とはほど遠く、実際のところ皮相的なものでしかなかった。しかし自分の知識についてのこの信念と自らの知的限界を超えた力のおかげで彼は大きな規模での過ちを働くことになった。疑いなく、灰の下に隠れた知恵という言い回しを使うとすれば、彼は火に新しい燃料を加え、乾燥した彼は新たな哲学者と弁論家の全ての種族と学問に勤しむ全ての人たちを、あるいは自分がそれをしていると考えてその一覧に記帳した。
3 その時代は学識ある人を僅かしか産せず、彼らですらアリストテレスの学説の戸口に立ってプラトンの寓話を繰り返すのがせいぜいで、その隠された意味やこれらの哲学者たちのディアレクティケーや三段論法の証明についての研究は理解されずじまいだった。適当な基準がないためにこれらの偉大な人たちについての彼らの判断は誤ったものになっていた。しかし宗教的な主題とあらば問題は深遠なものになり、聖書の解釈が問題になった。それでもなお、最も困難な諸問題は未解決なままにされた。真理はそれらが聖母への無原罪の御宿り、処女受胎、そして形而上学的な問題と同じくらいに神秘的なことに関わっていた。なるほど宮殿はそれを見る者皆に対しては哲学の外見的な装いをしているが、それは仮面であり見せかけのものでしかなかった。真の吟味も真理への本物の追求もそこにはなかった。
4 これらの研究をしばしの間放棄するとロマノスは軍略へと戻り、論議はすね当てと胸甲のことへと向かう。東西関係なく夷狄の世界の全てを併呑しようと計画された。彼の野心は理論の征服にとどまるものではなかった。彼は武力によって夷狄を服属させようと望んでいた。皇帝のこの二重の熱意が単なる虚栄心と誤解の代わりに彼の問題についての真の理解を導いたならば、彼は帝国に多大な利益をもたらしていたであろうことは疑いようがない。彼は計画をしたり、未完成の城を作ったりすること以上のことはせず、実際の行動ではそれらを再び投げ落とすことになった。しかし私は自分の横溢のためにいわば彼の治世の〔入口の〕門を立てる前の話を駆け足で終わらせることにしたい。したがって彼の即位の時へと戻りたい。
5 帝冠の価値は他の全てのものよりも上だと判断したロマノスは、自分は長年統治することになって自分の家系は何世代も帝冠を遺産として受け継ぐ運命にあるだろうと信じるよう自らを騙した。即位した後、一緒に暮らしていたコンスタンティノスの娘は子供を儲けるには年を取りすぎていてもう子供は望めなかったことに一見して彼は気付いたし、実際に彼女は彼と結婚した時にはもう五〇歳だった。生来の無能力を前にしてもなお、なお彼は断固として野心に固執して未来への信頼を抱いた。ここで彼はその計画のための身体的な前提条件を無視した。にもかかわらず彼は、性的な不具合を扱い、刺激して不妊を直す能力を称する専門家たちを頼みにした。彼は軟膏と揉み治療を受診し、妻にも同じことを受けさせた。事実、彼女はより一層進み、魔術の実践にも手をつけて小さな水晶を身につけ、魅力を我がものとすべく鎖を身につけ、残りの無意味なもので自らを飾りたてた。彼らの希望は成就することはなく、ついに皇帝は諦めてゾエに関心を持たなくなった。本当のところ、彼は彼女よりも二〇歳も年上だったために彼の欲求は幾分か鈍って彼の身体の活力は尽きていたのだ。




戻る