フォティオス『図書総覧』

コンスタンティノープル総主教フォティオス(820年頃-891年頃)による古典作品の要約・紹介です。底本はTertullian Projectにある英語訳です。クテシアス『ペルシア史、インド史』の翻訳ではL'antiquite grecque et latine Du moyen ageのフランス語訳を適宜参照しました。★がついているものは未完成のものです。


写本番号題名原本の邦訳
8 オリゲネス『原理について』
9 エウセビウス『福音の予備論』
10 エウセビウス『福音の証明』
11 エウセビウス『教会の心構え』
12 エウセビウス『教会権限の証明』
13 エウセビウス『論駁と弁明』
14 アポリナリウス『異端者論駁』『敬虔について』『真理について』
15 キュジコスのゲラシウス『ニカイアの第一回公会議の事績』
16 『エフェソスの第三回公会議の事績』
17 『カルケドンの第四回公会議の事績』
18 『コンスタンティノープルの第五回公会議の事績』
19 『コンスタンティノープルの第六回公会議の事績』
20 『ニカイアの第七回公会議の事績』
21 ヨハネス・フィロポノス『復活について』
22 修道僧テオドシウス『ヨハネス・フィロポノス論駁』
23 コノン等『ヨハネス・フィロポノス批判』
24 三位異体論者と躊躇者の間の論争の事績
25 ヨハネス・クリュソストモス『死と説教についての注釈』
26 キュレネのシュネシオス『摂理について』『王国について』
27 エウセビウス『教会史』 秦剛平訳、『エウセビオス「教会史」』(上)、講談社、2010年
秦剛平訳、『エウセビオス「教会史」』(下)、講談社、2010年
28 ソクラテス『教会史』
29 エウアグリオス『教会史』
30 ソゾメノス『教会史』
31 テオドレトス『教会史』
32 アタナシウス『書簡』
33 ティベリアスのユストゥス『ユダヤ諸王の年代記』
34 ユリウス・アフリカヌス『歴史』断片としてのみ現存、邦訳なし
35 シデのフィリップス『キリスト教史』
36 コスマス・インディコプレウステス『キリスト教地誌』
37 不祥『政府について』
38 モプスエスティアのテオドロス『創世記注解』
39 エウセビウス『ヒエロクレス論駁』
40 フィロストルギオス『教会史』
41 アイガイのヨハネス『教会史』
42 キリキア人バシレイオス『教会史』
43 ヨハネス・フィロポノス『ヘクサメロン』
44 フィロストラトス『テュアナのアポロニオス伝』 秦剛平訳、『テュアナのアポロニオス伝』(1)、京都大学学術出版会、2010年(未完結)
45 アンドロニキアヌス『非類似論者論駁』
46 「テオドレトス」『異端論駁』
47 フラウィウス・ヨセフス『ユダヤ戦記』 秦剛平訳、『ユダヤ戦記』(1)〜(3)、筑摩書房、2002年
48 フラウィウス・ヨセフス『世界について』
49 アレクサンドリアのキュリロス『ネストリウス論駁』
50 修道僧ニキアス『フィロポノスの七章に対する論駁』
51 ヘシュキオス『真鍮の蛇』
52 383年のシデの教会会議の事績、メッサリア派論駁
53 ペラギウス派に対する411年あるいは412年のカルタゴの宗教会議の事績
54 西方の司教たちによるネストリウス説に対する議事録の複製
55 ヨハネス・フィロポノス『第五回公会議論駁』
56 キュロスのテオドレトス『諸異端論駁』
57 アッピアノス『ローマ史』 拙訳
58 アリアノス『パルティア史』散逸
59 403年のオークの教会会議の事績
60 ヘロドトス『歴史』 松平千秋訳、『歴史』(上)(中)(下)、岩波書店、1972年
61 アイスキネス『ティマルコス弾劾、使節職務不履行について、クテシフォン弾劾』木曽明子訳、『弁論集』、京都大学学術出版会、2012年
62 アテナイのプラクサゴラス『コンスタンティヌス大帝の歴史』
63 プロコピウス『歴史』
64 ビュザンティオンのテオファネス『歴史』散逸
65 テオヒュラクトス・シモカッタ『歴史』 なし
66 ニケフォロス『歴史提要』 なし
67 証聖者セルギウス『歴史』 散逸
68 ケファリオン『歴史提要』 散逸
69 ヘシュキオス・イルストリオス『歴史』
70 ディオドロス・シクルス『歴史叢書』拙訳
71 カシウス・ディオ『歴史』
72 クテシアス『ペルシア史、インド史』 散逸
73 ヘリオドロス『エティオピア物語』 下田立行訳、『エティオピア物語』、国文社、2003年
74 テミスティオス『政治弁論』とレスボナクス『演説』 なし
75 ヨハネス・フィロポノス『ヨハネス・スコラスティコスに対する三位一体説について』なし
76 ヨセフス『ユダヤ古代誌』 秦剛平訳、『ユダヤ古代誌』(1)〜(6)、筑摩書房、1999-2000年
77 エウナピオス『年代記』 なし
78 マルコス『ビザンツ史』 散逸
79 カンディドゥス『歴史』 散逸
80 オリュンピオドロス『歴史』 散逸
81 モプスエスティアのテオドロス『ペルシアの魔術とキリスト教の違いについて』 なし
82 デクシッポス『歴史提要』 散逸
83 ハリカルナッソスのディオニュシオス『歴史』 なし
84 ハリカルナッソスのディオニュシオス『歴史提要』 なし
85 ヘラクリアヌス『マニ教徒論駁』 なし
86 ヨハネス・クリュソストモス『書簡』
87 アキレウス・タティオス『クレイトフォンとレウキッペの冒険』 中谷彩一郎訳、『レウキッペとクレイトポン』、京都大学学術出版会、2008年
88 キュジコスのゲラシウス『ニカイア宗教会議の議事録』
89 カエサレアのゲラシウス『パンヒュリアのエウセビオスの歴史書の続き』
90 リバニオス『様々なもの』
91 アリアノス『アレクサンドロスの治世の歴史』 大牟田章訳、『フラウィオス・アッリアノス アレクサンドロス東征記およびインド誌』、東海大学出版会、1996年(解説と訳を縮約したものは『アレクサンドロス大王東征記 付・インド誌』(上)(下)、岩波書店、2001年
92 アリアノス『続き』 散逸
93 アリアノス『ビテュニア史』散逸
94 イアンブリコス『ドラマティコン』
95 ヨハネス・スキュトポリタ『分離派論駁』
96 アレクサンドリアのゲオルギオス『聖クリュソストモス伝』
97 トラレスのフレゴン『年代記集成とオリュンピア祭優勝者一覧』
98 ゾシモス『新しい歴史』なし
99 ヘロディアヌス『歴史』 なし
100 ハドリアヌス帝『演説』
101 ウィクトリヌス『ゼノン帝賛美』
102 カエサレアのゲラシウス『非類似論者論駁』
103 フィロン・ユダイオス『聖なる法の寓話』と『市民生活について』
104 フィロン・ユダイオス『本質とテラペウタイについて』
105 フィロン・ユダイオス『ガイウス批判とフラックス批判』秦剛平訳、『フラックスへの反論 ガイウスへの使節』、京都大学学術出版会、2000年
106 アレクサンドリアのテオグノストス『要綱』
107 キリキアのバシレイオス『ヨハネス・スキュトポリタ論駁』
108 アレクサンドリアのテオドロス『テミスティオス論駁』
109 アレクサンドリアのクレメンス『要綱』
110 アレクサンドリアのクレメンス『教師』
111 アレクサンドリアのクレメンス『論集』
112-3ローマのクレメンス『使徒の文書と認識』
114 カリヌスのルキウス『使徒の巡行:ペテロの事績、ヨハネの事績、アンデレの事績、トマスの事績、パウロの事績』
115 不祥『一四主義者――メトロドロス論駁』、『復活祭の日について』
116 不祥『聖復活祭の八巻の三部作』
117 不祥『オリゲネス弁護』
118 パンフィロスとエウセビウス『オリゲネス弁護』
119 ピエリウス『訓戒』
120 エイレナイオス『異端論駁』小林稔訳、『キリスト教教父著作集 3/I エイレナイオス3 異端反駁III』、教文館、2003年
小林稔訳、『キリスト教教父著作集 3/II エイレナイオス4 異端反駁IV』、教文館、2000年(未完結)
121 ヒッポリュトス『異端論駁』
122 エピファニウス『薬箱』
123 エピファニウス『アンキュロトゥス』
124 エピファニウス『重さと測量について』
125 殉教者ユスティヌス『弁明』
126 ローマのクレメンス『コリントス人への手紙』、ポリュカルポス『フィリッピ人への手紙』
127 エウセビウス『コンスタンティヌスの生涯』秦剛平訳、『コンスタンティヌスの生涯』、京都大学学術出版会、2004年
128 ルキアノス『対話篇』
129 パトライのルキウス『変身』
130 ダマスキオス
131 アミュンティアノス『アレクサンドロスについて』
132-5パラディウス『演説』
136 アレクサンドリアのキュリロス『宝庫』
137 キュジコスのエウノミオス『弁明』
138 エウノミオス『バシレイオス論駁と書簡』
139 アタナシウス『聖職者と雅歌についての評注』
140 アタナシウス『アリウスとその学説の論駁』
141 バシレイオス『六日間の作業』
142 バシレイオス『道徳論』
143 バシレイオス『書簡』
144 バシレイオス『禁欲主義』
145 ヘラディウス『辞典』
146 アノン『平易な文体の語彙集』
147 アノン『本格的な文体の語彙集』
148 アノン『政治的な文体の語彙集』
169 アレクサンドリアのキュリロス『ネストリウス論駁』
170 アノン『キリスト教を予言する文書の要約』
171 コンスタンティノープルのエウストラティオス『死後の魂の状態について』
172-4ヨハネス・クリュソストモス『創世記に関する訓戒』等
175 パンフィラ『雑多な歴史的注解』
176 テオポンポス『フィリッポス史』散逸
177 モプスエスティアのテオドロス『原罪の擁護者への論駁』
178 ディオスコリデス『医術の手引書』
179 アガピウス『マニ教の小論』
180 リュディア人ヨハネス『驚異について』等
181 ダマスコスのダマスキオス『哲学者イシドロス伝』散逸
219オレイバシオス『エウフォリステス』
220アレクサンドリアのテオン『人間』
221アミダのアエティウス『薬についての著作』
222修道士ヨブ『肉体化について』
223タルソスのディオドロス『運命論駁』
224ヘラクレイアのメムノン『ヘラクレイア史』散逸
225アレクサンドリアのエウロギオス『セウェルス及びテオドシウス論駁』
226アレクサンドリアのエウロギオス『テオドシウス及びセウェルス論駁』
227アレクサンドリアのエウロギオス『テオドシウス派及びガイアノス派論駁』
228アンティオキアのエフレム『手紙と説教』
229アンティオキアのエフレム『四つの著作』
アマゾンアソシエイト
codex. 61 アイスキネス『弁論集』
弁論集 (西洋古典叢書)

codex. 73 ヘリオドロス『エティオピア物語』
エティオピア物語 (叢書アレクサンドリア図書館)

codex. 91 アリアノス『アレクサンドロスの治世の歴史』
アレクサンドロス大王東征記〈上〉―付インド誌 (岩波文庫)
アレクサンドロス大王東征記〈下〉―付・インド誌 (岩波文庫)

codex. 105 フィロン・ユダイオス『ガイウス批判とフラックス批判』
フラックスへの反論・ガイウスへの使節 (西洋古典叢書)


トップへ戻る