ディオドロス『歴史叢書』

底本はLacusCurtiusの英語訳です。解釈に困った個所についてはPerseus Digital Libraryのギリシア語テクスト、 L'antiquite grecque et latine Du moyen ageのフランス語訳を適宜参照しました。★がついている巻は未完成です。
1から6巻までは飯尾都人氏による翻訳(『ディオドロス 神代地誌』、龍溪書舎、1999年。ただし2013年11月現在品切れ)が、17巻は森谷公俊氏による訳が帝京史学にて連載されているため、訳出の予定はありません。なお、以下のテクストの注釈のうち、文末に(N)と付いている説明は底本テクストの訳注に基づいた注です。

6巻 14巻(紀元前404年-紀元前387年)
7巻 15巻(紀元前386年-紀元前361年)
8巻 16巻(紀元前360年-紀元前336年)
9巻 18巻(紀元前323年-紀元前318年)
10巻 19巻(紀元前317年-紀元前311年)
11巻(紀元前480年-紀元前451年) 20巻(紀元前310年-紀元前302年)
12巻(紀元前450年-紀元前416年) 21巻(紀元前301年-紀元前285年)(断片)
13巻(紀元前415年-紀元前405年) 22巻(紀元前280年-紀元前264年)(断片)



トップへ戻る