28巻→ディオドロス『歴史叢書』29巻(断片)→30巻

1 デリオンは聖域で、カルキスからはそう遠くなく……。したがって彼はローマとの戦争の口火を神殿冒涜行為で切ったために王はギリシア人から中傷され……そしてその頃にコリントスにいたフラミニヌスは全ての人々と神々に戦争での最初の攻撃が王によってなされたことへの証人となるよう呼びかけた〔アポロンの神域をアンティオコスの部隊が奇襲してローマ兵五〇〇人を皆殺しにした事件を指す(N)。〕。
2 アンティオコスはデメトリアスに越冬地を設営した。今や齢五〇を越していた彼は戦争の準備を怠ってある美しい処女と恋に落ち、彼女との婚儀を祝うのに時を空費しては見事な会合と祝祭を開催した。この行いによって彼は自らとその心身の破滅を招いただけでなく、軍の風紀を乱した。現に彼の兵士たちは冬の間中安楽で心地よく暮らして過ごした後、ひもじさに直面した時には乾きとその他の困難に耐えることができずに無様な振る舞いをした。その結果、ある者は病に倒れ、他の者は進軍中に落伍したため、隊列から広範囲に分散することになった。
3 テッサリア諸都市がローマ側につき、アンティオコス王はアジアの軍勢の到着が遅れており、さらにアイトリア人が怠慢で言い訳ばかりしていることを知ると、深く失望した。その結果、彼は自分が準備できていない戦争へとアイトリア同盟の力を頼んで踏み切るよう誘った人たちに憤慨した。しかし今や彼は逆の意見を持っていたハンニバルに対しては賞賛の念に満ち溢れ、自らの全ての希望を彼に託した。以前の彼は彼を疑いの目で見ていた一方で、今の彼はハンニバルを最も誠実な友とみなして全ての事柄で彼の忠告に従った。
4 アイトリア人からの使節が講和条約を論ずるためにやってくると、元老院はアイトリア人がローマ人の裁量の下に彼ら自身を置くか、銀一〇〇〇タラントンを即金でローマに支払うべきだと決定した。応答が過酷だったためにアイトリア人はこれらの要求の受け入れを拒否し、すっかり怯えて悲惨なほどの危機に自らがあることに気付いた。王への彼らの熱烈な支持が絶望的な困難へと彼らを投げ込んだのであり、彼らには苦境を脱するいかなる道もなかった。
5 敗北で落ち込んだアンティオコスはヨーロッパから撤退してアジアの防衛に集中しようと決意した。彼はリュシマケイアの住民に都市の一切合切を放棄してアジアの諸都市に居を求めるよう命じた。これは馬鹿げた計画で、彼はこれによってヨーロッパからアジアに軍を送るのを防ぐのに最も都合の良い位置にある都市を戦わずして敵に明け渡してしまったというのが普く持たれた意見だった。遺棄された都市を見つけるやスキピオ〔ルキウス・コルネリウス・スキピオ。アフリカヌスの兄。〕はそこを占領することで濡れ手に粟の成功を得たため、それらの出来事の成り行きはこの判断を全面的に裏付けるものであった。
6 戦争には十分な貯金が必要で、知られた諺にあるように資金は成功の姉妹であり、資金をよく提供される人は戦える男子に事欠くことはない〔この話はアンティオコスを対ローマ戦争にあたって激励する演説からの文言らしく、もしそうであれば二八巻の終わりないし二九巻の頭に置かれるものであろう(N)。〕。かくして、例えば最近カルタゴ人はローマ人を滅亡の瀬戸際まで追いつめはしたが、大きな戦いで勝利したのは市民軍ではなく、大勢の傭兵のおかげだった。事実、豊富な外人部隊は彼らを雇う側にとっては非常に有益で、敵にとっては非常に手強いものであり、雇い主が僅かな費用で自分たちのために戦う兵を呼び集められる一方で、市民兵はたとえ勝利しようともすぐに新手の敵対者の群と対峙させられる。市民軍の場合には一度の敗北が完全な破滅をもたらすが、傭兵の場合には何度彼らが負けても雇い主は資金が続く限り無傷の軍隊を維持できる。しかし、傭兵を雇うのはローマ人の習わしではないし、彼らは十分な資本を持ってもいない。
 一つの共通の規則として、兵士は彼らの指揮官の例に倣うものである。
 アンティオコスは彼自身の愚考に対する報いをすぐに積み上げることとなったために多大なる不運を対価にして成功にあって自らを顧みることを学んだ。
7 アンティオコスはローマ軍がアジアに渡ってきたことを知ると、ビュザンティオンのヘラクレイデスを和平を請うために執政官のもとへと送り、戦費の半分を支払ってランプサコス、スミュルナ、そしてこの争いの元だと考えられていたアレクサンドレイア〔トロアスのアレクサンドレイア〕を譲渡することを申し込んだ。アジアのギリシア諸都市については、実際には手始めに元老院に使節団を送ってそれらの独立への援助を呼び掛けた。
8 追加でアンティオコスは、プブリウス・スキピオが提案された和平を支持する場合に限って元老院の上役の一員だった彼にエウボイア滞在中に捕虜にしていた彼の息子を身代金なしでの返還と多額の金を差し出しを申し出た。息子の解放に関しては王に感謝するが「多額の金」は不要だとスキピオは応答したが、彼はこの親切のお返しとして今にローマと戦えば自分が武勇の例となることになるとアンティオコスに忠告した。しかしアンティオコスはローマの弁解の余地もないほどのむごさを見て取ると、彼の対案を拒絶した。
 望外の幸運に目を向けたアンティオコスはスキピオの息子を解放するのが利になると考えたため、彼を豪勢に飾りたてて送り返した。
10 アンティオコスは自棄になって戦うのを諦め、執政官に使節を送って自らの過ちへの許しを求めてどんな条件でも和平を受けることを認めた。執政官は公正な扱いというローマの伝統的な施策を保持し、兄弟のプブリウスの訴えに動かされて以下のような条件での和平を承認した。ローマ人の支持の下、王はヨーロッパとタウロスのこちら側の領土とそこに含まれる諸都市と民族を放棄すべし。王は象と軍船を引き渡し、五〇〇〇エウボイア・タラントンと算出された戦費の全額を支払うべし。彼はローマ人が指名する二〇人の人質と一緒にカルタゴ人ハンニバル、アイトリア人トアス並びにその他の者たちを引き渡すべし。和平を渇望していたアンティオコスは全ての条件を受諾して矛を収めた。
9 アンティオコスの敗北の前、アイトリアからの使節団はローマで元老院を前にして彼らに差し迫ったことを言わず、ローマへの彼らの奉仕を長々と述べたてた。そこで元老院のある議員が立ち上がってアイトリア人はローマの人々の手に自らを投げ出すつもりか否かと使節たちに尋ねた。使節たちが回答を寄越さないでいると、元老院はアイトリア人が未だアンティオコスに希望を持ち続けているとみなし、彼らを手ぶらでギリシアに返した。




戻る