26巻→ディオドロス『歴史叢書』27巻(断片)→28巻

1 スパルタの僭主ナビスは先王リュクルゴスの息子でこの時はまだほんの少年だったペロプスを殺した。これは、ペロプスが若年にさしかかった時に高貴な生まれで大胆になればいつの日か彼の国に自由を取り戻させるはずだと用心した上での処置だった。ナビスは最も教養のあるラケダイモン人たちを自ら選んで殺し、方々から彼の体制を守るための一番の基礎となる特徴を持った雇い人たちを集めた。その結果、神殿略奪者、泥棒、海賊、そして死刑判決を受けた人たちが方々からスパルタへと流入した。ナビスが僭主になったのは不敬虔な行いのおかげだったため、彼はそういった人たちによってのみ最も安全に身を守られると考えていた。
 スパルタの僭主ナビスは自国の品位を落とすことで自らの地位を高められると信じて市民に対して数多く様々な形の刑罰を考案した。蓋し、なるほど権力を持つようになるとならず者は幸運を死すべき者の分を越えて行使したくなるものなのだ。
2 彼は最高神祇官として自らの宗教的な義務のおかげでローマの近郊から離れられなくなった〔「これはプブリウス・リキニウス・クラッススのことを指し、彼はスキピオに軍指揮権の自由裁量を与えるために紀元前二〇五年にスキピオの同僚執政官に選出された。リウィウス(28.38.12)は、最高神祇官はイタリアに縛り付けられていたとしか言っていないが、実際のクラッススはブルッティイの一地方を所領として割り当てられていた」(N)。〕。
2a ディオドロスの説明によれば、似たようにしてスキピオはシケリアの貴族にリビュア遠征で彼に加わるか彼らの馬と奴隷を彼の兵に差し出すかという選択肢を提示した。
3 七隻の艦隊でクレタ人は海賊行為に手を染め始め、多くの船を略奪した。これは海上交易に従事していた人たちにとって落胆するような結果になり、そこでロドス人は彼らにこの無法行為のつけを払わせようと考えてクレタ人に宣戦した。
4 スキピオがロクリの統治者に任命したプレミニウスは、不信心な男だったためにペルセフォネの宝物庫を破壊してそこの財物を略奪して持ち去った〔紀元前二〇五年の法務官代理官(legatus pro praetore)クイントゥス・プレミニウスはポエニ戦争中にスキピオ・アフリカヌスによってロクリ(ギリシアのではなくイタリアの)での指揮権を任された。〕。ロクリ人はこれにいたく激怒し、ローマ人への抗議の宣誓の声明を発した。さらに二人の軍団幕僚はその非難に衝撃を受けた。しかし彼らは起こったことへの憤慨に動かされて行動したわけではなく、逆に略奪の分け前を受け取り損ねたためにプレミニウスを告発した。神意は速やかに一人残らず彼らにその悪事に相応の罰を下した。なるほどペルセフォネのこの神殿はイタリア全土で最も名高い神殿であり、未だかつてその地を蹂躙されたことがなかった。例えば、ピュロスがシケリアからロクリへと軍を連れてきて兵士への給料支払いの必要に直面し、資金不足でそこの宝物に手をかけるよう駆り立てられた時、彼が再び海に出ようとした際に嵐が起こったために彼と彼の全艦隊が難破し、恐怖と悲嘆に打ちのめされたピュロスはその女神を宥めて宝物を返還するまで出発を遅らせたと言われている。
 さて話を戻すが、軍団幕僚たちは義憤に駆られたふりをして今やロクリ人の擁護者として立ち上がり、プレミニウスを謗り始めて裁判に引っ張り出してやるぞと脅した。たちまち言い争いが起こって彼らはついに殴り合いを始め、軍団幕僚たちは彼を地面に叩きつけて彼の耳と鼻を噛み切って彼の唇を引き裂いた。プレミニウスは軍団幕僚たちを逮捕して過酷な拷問にかけ、放り出した。ローマの元老院の神への恐れを神殿の略奪が強く掻き立て、さらにスキピオを貶める好機を窺っていた彼の政敵たちはプレミニウスはスキピオの要望に従って動いたのだと告発した。元老院は、もしその神殿冒涜がスキピオの同意でもって行われたと見れば速やかに彼をローマへと戻らせ、もしそうでなければ彼がリビュアに軍を輸送するのを許すべしという命令を携えさせて一人の造営官と二人の護民官を委員として送った。委員たちがまだ途上にあった時、スキピオはプレミニウスを召還して拘束し、軍の訓練の陣頭指揮を執った。護民官たちはこれに驚いてスキピオを賞賛した。プレミニウスはというと、ローマへと連れ戻されて元老院によって監視下に置かれ、獄死した。元老院は彼の財産を没収し、国庫から神殿からの盗品の不足分を支出して女神に奉献した。またロクリ人は解放され、フェルシス〔ペルセフォネの真の名前(N)〕のものである財物を持つ兵はもしそれを返還しないのならば死罪に処されるべしという布告も出された。
 プレミニウスに関するこれらの処置の後、諸事項はロクリ人に対する好意の外見を取って票決され、奉納品を一番盗んだ者たちと軍団幕僚とプレミニウスに訪れた報いを今になって受けた者たちは迷信じみた恐怖の虜となった。密かに悪事に気付いていた者は他の死すべき者たちから罪を隠し通しすらしていたにもかかわらず受けた罰は以上のようなものとなったわけだ。かくして今やこの人たちは精神の苦しみのために神々を宥めようとして略奪品を手放した。
5 適切な状況下でつかれた嘘は時には立派な利益を生み出す〔これはシュファクスがリビュアでローマの助力を要請したというスキピオが将兵についた嘘を指すらしい(N)〕。
6 シュファクスと他の人たちが鎖に繋がれて前に連れてこられると、その人の以前の繁栄と王らしい様に思いをいたしたスキピオはその光景を見るやすぐに涙があふれてきた。それから間もなくして成功のまっただ中にあってすら中庸でもって振る舞おうとかねがね決心していた彼はシュファクスの拘束を解いて彼を天幕に帰し、従者を持ち続けることを許した。未だ虜囚の身であり、自由を与えられた監視下にあったにもかかわらず、スキピオはシュファクスを親切に扱ってしばしば食事の席に招待した。
 スキピオはシュファクス王を捕虜にすると、彼の拘束を解いて親切に扱った。彼の感じているところでは、戦争での私的な不和は勝利の時点までは続いて然るべきだが、捕虜の運命が高位の人に今や降り懸かれば、人間でしかない彼自身は不都合なことはすべきではない、とのことである。それというのも女神ネメシスは人間の人生を見張り続け、死すべき者の弱さに縛られるという分をわきまえない出しゃばりをすぐに思い出すとされているからだ。なればスキピオが敵に抱かせた恐怖とおののきをこの目に収めつつ、彼自身の心が不運への慈悲に負かされた時にこのような人を賞賛しない者がいようか? 事実、戦いで敵から恐れられる者が敗者に穏やかに振る舞う傾向があるのは概して真実である。そういうわけでこの際にスキピオはすぐにシュファクスから思いやりのある扱いへの感謝を得た。
7 最初はマシニッサの、次いでシュファクスの妻となり、最後は捕虜となった結果としてマシニッサと再び結ばれたソフォンバは見目麗しく、多様な雰囲気を持った女性で、男たちを彼女への奉仕へと縛り付ける力に恵まれていた。カルタゴ人の主義主張の支持者だった彼女は毎日夫に非常にしつこくローマへの反逆を説いて懇願したが、それはなるほど彼女が自分の国に深く献身の念を持っていたからだ。さてシュファクスはこれを知ってこの女性についてスキピオに報告し、監視下に置くよう求めた。これがラエナスの忠告とも符合したため、スキピオは自分の前に彼女を連れてくるよう命じ、マシニッサが仲裁をしようとするとこれを厳しく咎めた。それから不安に駆られたマシニッサは彼女をひったくるべく部下を送ったが、彼女の天幕へと自ら赴いて死に至る薬を渡し、それを無理矢理飲ませた。
8 しくじった人への哀れみによってスキピオは以後マシニッサとの同盟を確固たるものとした。
9 ハンニバルは同盟者たちを呼び寄せると、自分は今リビュアに渡る必要があると述べ、望む者には同行する許可を出した。一部の人たちはハンニバルと一緒に渡航するのを選んだが、イタリアに留まることにした者を彼は軍で取り囲み、まず兵士たちに奴隷にしたい者を取り分けさせ、それからおよそ二〇〇〇〇人にもなる残りの者を三〇〇〇頭の馬と数え切れないほどの荷駄運搬獣もろとも殺戮した。




戻る