25巻→ディオドロス『歴史叢書』26巻(断片)→27巻

1 詩人も歴史家も、全ての面で文芸の形式に通じたどんな人も彼の読者を完全に満足させることはない。それというのも人間本性は、完成の高い度合いに至ろうとも全ての人との是認を勝ち得て非難を避けることに成功することはまずないからだ。例えばフェイディアスは象牙像の制作で、プラクシテレスは石像制作で見事に感情を込める手法で他の全ての人からの称賛を受けており、アペレスとパラシオスは色を混ぜる実践技能のために絵画の技術の頂点に達した。未だかつてそういった人たちのうち、仕事でこのような成功を得て、全ての面での非難を越えた技術の成果を示すことができた者はいない。例えば、詩人のなかでホメロスより輝かしい者がいようか? 弁論家のなかでデモステネス以上の者は? アリステイデスとソロン以上に立派な生き方をした者は? 彼らの名声と才覚でさえ批判と誤りの証明で責められた。それというのも専門技能で優秀であろうとも、所詮彼らは人間でしかなく、人間のもろさによって多くの場合に過ちを犯すからだ。さて嫉妬と些末なことへの知恵に満ち、あらゆる功業における見事なものの全てを斥けるが、歪曲やもっともらしい非難を賞賛するものには何であれ目を向ける取るに足らない連中がいる。こうした他人の公然たる非難により、才能の衰弱は外面的な影響の結果ではなく逆にあらゆる才能はそれ自身で判断されるということを捉え損なうため、彼らは自らの技能を促進しようと切望する。我々はかように愚かな精神が他の人を罵ることで自分のために名を上げようと試みて下らないことに費やす勤勉さにいたく驚嘆するだろう。蓋し、霜と雪が若く見事な作物を枯らすのと同じくらい、迂闊に悶着を起こすのはいくらかの人たちにとっては非常に自然なことである。なるほど、雪の眩しい白さで目がかすんではっきりした視界が失われるように、何ら注目されるようなことを成し遂げることができず、したがって他の人の功業を謗ることを目的とする人はいる。それ故に良き理解力を持つ人は勤勉な努力によって成功を勝ち得た人をその立派さの故に讃えるが、あまり成功していない人の短所をあら探ししようとはしないものである。それから悪口を言う者についてもそうである。
2 ハンニバルは生まれながらの戦士であり、少年の頃から戦争の現場で育てられて偉大な指導者たちの友として戦場で多くの歳月を費やしたため、戦争と戦闘に通暁することになった。その上、自然は彼に賢慮をふんだんに与え、長年の戦争の訓練によって指揮の能力を得たため、今や彼は功業を大いに希望するに至った。
3 独裁官ファビウスの賢明な方策への対抗手段としてハンニバルは度々彼に会戦を挑み、臆病を嘲ることで戦いを決意させようとした。彼が動かないでいると、ローマの民衆は「従僕」と呼んで独裁官を批判し始め、臆病さをなじった〔奴隷が主人の後ろを歩いて付き従う様からこのあだ名はつけられた。〕。しかしファビウスは冷静沈着にこれらの嘲りに耐えた。
 良い陸上競技者のように彼〔ファビウス〕は長い訓練の後にのみ、そして経験と力を大いに得た時に競技に入った。
 ひとたびミヌキウスがハンニバルに負かされると、この全面的な失敗は彼の愚かさと無経験の結果だったが、ファビウスは賢明さと戦略家としての能力によって安全への冷静な顧慮を徹底的に示したとその出来事の後に誰もが結論した。
4 ペリントスのメノドトスは一五巻本の『ギリシア史論』を書いた。エリスのソシュロスは七巻本の『ハンニバルの歴史』を書いた。
5 ローマのレギオーは五〇〇〇人の兵から構成される。
6 人は自然的に成功の旗の下へと集結するが、死者の運命に対する攻撃に加わる。
 運命はその本性上変わりやすいものであり、我々の状況の逆転を速やかにもたらすだろう。
7 アイトリアの将軍ドリマコスはドドナの神託所を略奪して内陣を除く神殿に火を放ったために不敬虔な行いを犯すことになった。
8 ロドスが大地震によって打ち倒されると、シュラクサイのヒエロンは市壁の再建のために六タラントンの銀を与え、その金に加えて多くの銀の立派な容器を与え、穀物輸送船に関税支払いを免除した〔紀元前227年ないし翌年の出来事(N)〕。
9 今テッサリアのフィリッポポリスと呼ばれている都市は以前はフティオティスのテバイと呼ばれていた。
10 反乱についての問いかけがカプアの民会に提出されて取るべき行動方針が議論されると、カプア人はパンキュルス・パウクスなる者に自分の意見を話すことを許した。ハンニバルへの恐怖で気が動転していた彼は同胞市民にある誓約をした。曰く、もしローマ人にとっての好機がまだ百に一つもあれば、自分はカルタゴ人の側につくつもりはないが、実際は敵の優勢が甚だしく、危機は門のすぐ手前に立っているので、彼らはこの優勢に否応なしに屈服せざるを得ない、と。このようにして皆がカルタゴ人と力を合わせることに同意し……。
11 ハンニバルの軍がしばしの間カンパニアの富の全てを貪欲なまでに分捕った後、彼らの生き方の全体が逆転した。絶えざる奢侈、柔らかな長椅子、そしてありとあらゆる種類の芳香と食べ物、惜しみのない豊富な全ての物が彼らの力と危険に堪え忍ぶいつもの能力を緩め、心身両方を柔弱で女々しい状態に陥れた。事実、人間本性は慣れない苦難の実行や粗食を嫌々でなければ受け入れないものである一方で、安逸と奢侈の生活は喜んでしたがるものだ。
12 今やこのように世論の重みが物差しをひっくり返したので諸都市〔カンナエの戦いとカプアの離反の後のイタリア諸都市であろう(N)〕はもがき転がることになった。
 友人の善意すら変化しつつある状況によっては変わるものであるように見える。
 良き人の徳は時には敵の間にすら栄誉を得させる。
 多くの女性、未婚の少女、そして自由民に生まれた少年たちは食料の欠乏のためにカプア軍に加わった。事実、戦争は時には地位が高くて平和な時代に生きていた人たちに彼らのたどった年月が彼らに免れていたような状況に耐えるよう強いるものである。
13 その行く先々で広範な破壊を加えると、ハンニバルはブルッティウムの諸都市も奪取し、その後にクロトンを占領し、レギオンを包囲しようと企てた。ヘラクレスの柱を西方へ向けて発ってから彼はローマとネアポリスを除くローマ領の全域を屈服させ、彼は戦火をクロトンまで及ばせた。
14 ローマ人に彼ら〔ローマ人自身〕の残忍さと不実さ、そしてとりわけ彼らの横柄さを長々と論じ立てた後、ハンニバルは元老院を悩ませるために元老院議員の息子と親戚を選び出して殺した。
 ローマへの持ち前の深い敵意のためにハンニバルは適当な捕虜を選んで一騎打ちのために二人組を作らせた。彼は兄を弟と、父を息子と、親戚を親戚と戦わせた。なるほど、ここでフェニキア人の野蛮な残忍さを嫌悪し、ローマ人の慈悲深さとかくも悲惨な状態における断固とした忍耐を賞賛するには尤もな原因があろう。彼らは火と突き棒を向けられてこの上なく惨い折檻を受けたにもかかわらず、誰一人として近親に暴力を振るうのを良しとせず、近親での殺し合いの汚れを免れ続けたために気高い愛情の発露を拷問のもとで示したのだから。
15 シケリアの支配者だったゲロンとヒエロンのシュラクサイでの死と十代の若者だったヒエロニュモスの王位への即位に際し、王国は有能な指導者を欠いたままになった。若さの結果、ご機嫌伺いをするおべっか使いに囲まれ続けることで贅沢暮らしと放蕩、そして独裁者的な残忍へと彼は堕落した。彼は女性に乱暴を働き、率直にものを言う友人たちを殺して即座に多くの地所を没収し、ごますり連中にそれらを与えた。この振る舞いの結果、まず人民の憎悪、次いで陰謀、そして最後に暴君に付き物の転落が起こった。
 ヒエロニュモスの死後、シュラクサイ人は集会を開き、僭主の家系を完全に根絶するために僭主の家族全員を処罰して男も女も等しく皆殺しにすることを票決した。
16 マゴはセンプロニウス〔前者はハンニバルの弟、後者は解放を約束した奴隷軍団を率いて戦ったティベリウス・センプロニウス・グラックス(N)〕の遺体をハンニバルに送った。さて、兵士たちはその遺体を見ると大声を上げてそれを叩き切って少しずつ風に乗せて投げるように要求した。しかしハンニバルは、物言わぬ遺体に腹いせをするのは適切ではないし、自分は運命の不確かさの証拠を前にしているのと同時にこの男の勇気への称賛に心打たれているのだと明言し、この死せる英雄のために豪勢な葬儀を許した。それから遺骨を集めて慇懃に扱うと、彼はこれをローマ軍の陣営に送り届けた。
17 カプアが二重の壁で完全に包囲されたことを知ると、この都市の占領は今や目前だったにもかかわらず、ローマの元老院は不変の敵対政策に固執しようとはしなかった。逆に類縁の絆によって彼らは、所定の期間以前に寝返った全カンパニア人は放免を認められるべしとの布告を発した。しかしカンパニア人は元老院の寛大な提案を拒絶してハンニバルから助けが来ると自らを騙していたため、後悔がどうにもなくなった時になってやっと後悔しだした。
18 [一人の男が設計者としての天分においてこの発明のみならず他の多くの、そして偉大な発明に関して人間の住む世界の全土を名声で覆った。彼は我々が詳細で正確な説明を与えるつもりであるこの名声で人々を驚嘆させたが、我々はアルキメデスの時代にその説明を行いたい。]  高名で学識のある技師にして数学者、シュラクサイ人として生まれたアルキメデスはこの時には七五歳の老人だった。彼は多くの非凡な機械を作り、ある時には三つの滑車装置で左手だけを使って五〇〇〇〇メディムノスの重荷を積める商船を水面へと降ろした。その頃にローマの将軍マルケルスが陸と海からシュラクサイを攻撃すると、アルキメデスはまず機械装置を使って水上から敵の船を引っ張り出し、シュラクサイの城壁まで上げた後に人も何もかも海へと投げ落とした。次いでマルケルスが船を少し離すと、この老人は〔彼の考案した機械を使って〕シュラクサイ人がこぞって荷車ほどの大きさの石を上げて一挙に投げ降ろして船を沈められるようにした。この時にマルケルスが矢を飛ばしてくるカルタゴ艦隊から離れると、この老人は六角形の鏡をこしらえてこれから適切な距離に、金属の板と小さい蝶番で調節できる同じような小さい四角形の鏡を置いた。この装置で彼は夏も冬も正午の最盛期の太陽光を集め、ついにはこの太陽光の反射による恐ろしい焼けるような熱が船を発火させ、矢の射程外から彼は船を消し炭にした。したがってこの老人は彼の発明品によってマルケルスを負かしたわけである。さらに彼はシュラクサイのドリス風の言い方〔シュラクサイはドリス系ギリシア人が建てた都市だったため〕でいつもこう言っていた。「わしに立つ場所と操作棒を一本寄越してくれれば全世界を動かしてやるぞ」さてディオドロスの述べるところでは、シュラクサイ人は突如マルケルスに裏切られた時に、ディオによれば市民がアルテミスの夜の祭りを祝っていた時にローマ人の略奪を受け、この男は以下のような顛末で一人のローマ兵に殺された。彼が機械の図を夢中になって描いていた時にそのローマ兵が彼のところにやってきて戦争捕虜として引っ張っていこうとした。アルキメデスは図に没頭していて誰が自分を引っ張っているのか分からなかったためにその男に「わしの図から離れんかい!」と言った。それからその男がなおも彼を引っ張り続けていると、振り返って彼がローマ兵だと気付いたアルキメデスは叫んだ。「誰か、わしの機械の一つを早くここに!」そのローマ兵は怖くなってその場で彼を、この弱々しい老人を殺したが、不思議なことが起こった。マルケルスはこれを知るや否や嘆き、市の貴族と共に全ローマ軍が彼の父祖の墓で見事な葬儀を挙げた。私の思うところ、この殺人者を彼は斬首した。ディオとディオドロスがこの話を記録した。
19 歴史家ディオドロスはオロンテス河畔のアンティオケイアとシュラクサイを比較し、シュラクサイはテトラポリスだと述べた〔テトラポリスは四都市の意。シュラクサイ市はオルテュギア島、ネアポリス、アクラディネ、テュケの四つの区画から構成されており(N)、ここではシリアのセレウキス地方の四都市、すなわちアンティオケイア、セレウキア・ピエリア、アパメイア、ラオディケイアと比較されているのであろう〕。
20 シュラクサイ陥落の後に住民が嘆願者としてマルケルスに訴え出てくると、彼は自由民として生まれた全ての人を解放するが全財産は戦利品として取り上げるよう命じた。
 占領後に貧困のために食料を入手できなくなったためにシュラクサイ人が奴隷になることに合意したため、売却された時に彼らは買い手から食料を受け取ることができた。したがって運命は破れたシュラクサイ人に対して他の損失に加えてさらに差し出された自由の代わりに自分から奴隷になることを選ぶという災難を与えた。
21 人質を解放することによってスキピオは一人の男の美徳が即座に王たちに諸民族を得させることを再三再四証明した〔これはカルタゴ人が服属させたヒスパニア人の王たちから取っていた人質を新カルタゴを占領したスキピオが解放し、これによってヒスパニア諸王からの支持を得たという文脈での文言あろう(N)。〕。
22 ケルティベリア人インディベレス〔エブロ川の北のイレルゲティ族の酋長で、新カルタゴ陥落の後に兄弟のマンドニウスと一緒にローマ側についた(N)。〕はスキピオからの放免を得た後、好機がやってくると再び戦争への熱意を燃やした。なるほど、悪党に良くしてやる者は好意が無駄になるのに加え、実際にはしばしば敵を自分に対して立ち上がらせることになると了解する羽目になるものだ。
23 リビュア戦争〔第一次ポエニ戦争後に起きた傭兵の反乱〕を集結させた後、カルタゴ人はミカタノイ族のヌミディア人部族に報復を行い、捕らえた者全員を女子供を含めて磔にした。その結果、父祖譲りの残忍な心を持った彼らの子孫はカルタゴ人のこの上なく強烈な確固たる敵となった。
24 彼〔ポリュビオスのことを指すらしい(N)〕はある男――無論ハスドルバルを意味する――の偉大な能力を記録せずにはいなかったどころか、逆にそれをはっきり主張した。バルカとあだ名されて当代で最も優れた人物であり、シケリア戦争でローマ軍を破った唯一の指導者で、内戦を集結させた後にヒスパニアを横断して軍を動かした最初の人だったハミルカルの息子がハスドルバルだった。このような父の息子らしくハスドルバルは自らが父の名声に値しないわけではないことを証明した。彼は兄ハンニバルの次に全カルタゴで立派な将軍だったということはあまねく認められており、このためにハンニバルはヒスパニアの軍の指揮権を彼に委ねた。彼はヒスパニア中で多くの戦いを戦って敗北の後にも軍を絶えず鍛え上げ、頻繁な数多くの危機を前にしても踏みとどまった。なるほど内陸へと追い出された後ですら、その卓越した人格的資質は彼が大軍を連れて来ることを可能とし、全ての予想に反して彼はイタリアへと向かったのだから。
 もしハスドルバルが運命の助けをも得ていたならば、ローマ人は彼とハンニバル両方との同時作戦を続けることができなかっただろうとあまねく認められている。これを理由として我々は彼の実績ではなく彼の狙いと事業に基づいて彼の能力を評価するべきである。それというのも、これらの資質は人間の統御を受けるものだが、彼らの行動の結果は運命の手にあるものだからだ。




戻る