24巻→ディオドロス『歴史叢書』25巻(断片)→26巻

1 『主要な諸々の理論』と題された著作の中で哲学者エピクロスは、正しき生に憂いはない一方で不正な生では憂いの重荷を背負い込むことになると明言した。したがってこの短い一文に彼は真の知恵、さらにその上で概ね人間にある悪を矯正する力を包含させたわけである。それというのも不正は悪の首府であるためにそこの一市民だけでなく、集団として実際の民族と民衆、王たちにもに最大の不幸をもたらすからである。
2 カルタゴ人はシケリアをめぐる大戦と危機に耐えてローマ人と二四年の間継続して戦争状態にあったにもかかわらず、彼らが悪事を働いた傭兵との戦争でもこれに劣らぬ大きな災難を経験した。外国人部隊から然るべき給料の延滞分を騙し取った結果、彼らはあわや彼らの帝国、それどころか祖国すら失いそうになった。したがって騙された傭兵たちは突如反乱へと踏み切り、これによってカルタゴに切迫した苦難をもたらしたのである。
 イベリア人、ケルト人、バリアリデス諸島の人、リビュア人、フェニキア人、リグリア人、そして雑多なギリシア人奴隷がカルタゴ軍で働いており、彼らが反乱を起こした。
3 カルタゴ人は反乱軍に死者の遺体返還を交渉すべく使者を送った。スポンディウスとその他の指導者たちは彼らの増大した冷酷さのために埋葬の要望を拒んだだけでなく、同じ罰〔殺害と遺体を埋葬しないままにしておくこと〕がやってくる者にも待っていると脅していかなる事柄についてであれ今後再び使者を送ることを禁じた。また彼らは今後カルタゴ人の全ての捕虜は彼らと同じ罰を受け、フェニキア人の同盟者であれば両手を切り落としてカルタゴに送り返すと宣言しもした。かくして私が述べたこような無慈悲と残忍性のためにスポンディウスとその他の指導者たちはバルカの寛大路線の土台を崩すことに成功した。それというのもハミルカル自身は彼らの残忍さに追いつめられたために捕虜への思いやりを投げ捨て、彼の手に落ちた者に似たような罰を科すことを余儀なくされたからだ。したがって彼は捕虜になった者全員を拷問にかけてから象に向けて投げ、死ぬまで踏みつけさせるという厳罰を科した。
 ヒッポとウティカの住民は反旗を翻して城壁から守備隊の兵たちを投げ落とし、埋葬しないままにした。カルタゴから遺体を引き取るために使節団が来ると、彼らは埋葬の邪魔をした。
4 叛徒は食料の欠乏のために包囲しているのかされているのか分からないような状況に陥った〔これは反乱軍によるカルタゴ包囲を指す(N)〕。
 勇気において彼らは敵と完全に互角だったが、指導者の経験のなさではかなり不利だった。したがってここで再び、有能な将軍の判断力がいかに素人の未経験、兵卒の不合理な定常作業よりも重要であるかを実地経験の光の中で見ることが可能になる。
5 というのも、彼らの不敬虔な行いへのこの報いを彼らに強いることは一見してより高い力だったからだ。
 ハミルカルはスポンディウスを磔刑に処した。しかしマトはハンニバルを捕虜にすると、同じ十字架に彼をかけた。したがってそれはあたかも所定の目的の運命が成功と敗北を人道にもとる人たちに代わる代わる割り当てたかのようであった。
 その二都市〔ヒッポとウティカ〕は最初の攻撃から慈悲や戒めの余地なく振る舞っていたために和解の交渉をするための根拠を持っていなかった。悪事を働く場合にすら、穏健さとぞっとするような振る舞いの抑制には大きな利点がある。




戻る